レトロフリークは15機種9000タイトル対応のレトロゲーム互換機なのだ!!

レトロフリークは15機種9000タイトル対応のレトロゲーム互換機なのだ!!
Pocket

レトロゲームをプレイしたいと思ってみても、
「今さら購入するのは躊躇ってしまう…」

そんな風に考えた事がある方は意外に多いのではないだろうか。
しかし、そんな方にとって朗報がある。

それは、1台で11機種のレトロゲーム機の互換機能を持ち、さらに追加で最大15機種・9000タイトル以上に対応した最強のレトロゲーム互換機の存在だ。

現在では、バーチャルコンソールやゲームアーカイブスといったダウンロードコンテンツにより、レトロゲームをプレイする環境はタイトルとともに、かなり充実している。

その反面、キャラゲーのような肖像権や版権もののタイトルは、実機でなければ「ほぼほぼ」プレイする事ができないのが実情ではあるのだが・・・ 😉 

そこでオススメしたいのが
「サイバーガジェットのレトロフリークなのだ!!」

最大15機種9000タイトル対応!至高の互換機!!

レトロフリークのパッケージの画像です。

レトロフリークは、1台で11機種のレトロゲーム機の互換機能を持ち、さらに追加で最大15機種・9000タイトル以上の昔のカートリッジをそのままプレイすることが可能な「至高のレトロゲーム互換機!」なのである。

子供の頃に遊んだゲームカートリッジを接続するだけで、当時の興奮や感動を再び楽しむことができるのだ。

※レトロフリークの機能面と販売しているサイバーガジェット社について、少し触れておこうと思うので参考にして下さい。

記事リンク
■サイバーガジェット「レトロフリーク」でレトロゲームを堪能しよう!!

キャラゲーや版権物だって楽しめる!!

北斗の拳やドラえもん、ゴジラなど色々なキャラゲーの画像です。

レトロフリークは、1台で11機種(追加で最大15機種)9000タイトル以上のカートリッジをプレイすることができる「至高のレトロゲーム互換機!」なのである。

バーチャルコンソールやゲームアーカイブス、そして他の互換機ではプレイできないキャラゲーのような肖像権や版権ものタイトル(通常、実機でなければプレイできないようなタイトル)もカートリッジさえ持っていれば遊び放題に楽しめるのである。

※レトロフリークが対応できるソフトがどのくらいあるのかを可能な限り調べてみたので参考にして下さい。

記事リンク
■レトロフリークにインストール可能なファミコンROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なPCエンジンROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なスーファミROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なメガドライブROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なゲームボーイROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なゲームボーイアドバンスROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なセガ・マークⅢROMをまとめてみた!!
■レトロフリークにインストール可能なゲームギアROMをまとめてみた!!

 

プチコラム 誇り高き日本のゲーム

ここ数年でレトロゲームブームの再来と言われるようになってきた。それは、各ゲームメーカーの動きをみても実感できる。

2016年11月10日に、任天堂が往年のファミコンソフトを30本収録した「Nintendo classic mini 」を発売。

それに続くように「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」「NEOGEO mini」「プレイステーション クラシック」なども発売されレトロゲームファンにとって大きな話題となった。

中高年層の方が懐かしさに浸りながら、「子供の頃に遊んだゲームを楽しみたい」という理由から購入する方が増えているようなのだが、 ドット絵を新鮮なものと感じる若年層の方の購入もかなり多いらしい・・・。

あるサイトでは、普段PlayStation 4 やNintendo Switchを遊び慣れた子供たちにファミコンをプレイしてもらい「現代の子供たちもレトロゲームを楽しいと思うのか?」感想を聞くという調査をしたところ約9割の子供たちが「楽しい」と答えたというアンケート結果が出ている。

さらに、個人でのゲームソフト所有本数が15000本というコレクターや、ゲームソフトにつぎ込んだ金額が1000万以上という方、海外では日本のゲームを知的財産と認め収集している団体もあるとか。

ここまで来ると日本のゲームは単なる遊び道具ではないもののような気がしてくる。

少し誇らしくすら感じてしまうのは私だけだろうか・・・。

そんなレトロゲームを存分に楽しめるとイチオシしたいのが「至高の互換機!レトロフリーク」なのである。


 

ただし、メリットばかりではない。それなりにデメリットもある。

互換機である以上、全てのソフトがプレイできるという訳ではない。レトロフリークが対応していないソフトも存在する。

そして互換機としては、かなり高価になっている。ただ、価格については実機をすべて集めることと比べたらずっとお得な値段だ。

※レトロフリークの他にもどんなレトロゲーム互換機があるのか知りたいという方のために、次のような記事も紹介しているので気になる内容があれば是非とも読んでみて下さい。2019.10月中旬掲載予定

レトロフリーク対応機種とおすすめポイント

レトロフリーク対応機種はコチラ↓↓↓

1.ファミリーコンピュータ
2.スーパーファミコン
3.Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)
4.ゲームボーイ
5.ゲームボーイカラー
6.ゲームボーイアドバンス
7.メガドライブ(NTSC/PAL)
8.GENESIS(北米版メガドライブ)
9.PCエンジン
10.TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
11.PCエンジン スーパーグラフィックス

これでもう十分なほどの互換機能だが、さらに周辺機器「ギアコンバーター(CY-RF-5 / CY-RF-5BK)」を使用すれば、
12.ゲームギア
13.セガマークⅢ
14.SG-1000
    を

「NESカートリッジコンバーター(CY-RF-6)」を追加することで
15.Nintendo Entertainment System

をプレイすることができるようになる。これだけの互換機能は、まず他にはない。

レトロフリークはとても魅力が満載なのだ!!

ここからはレトロフリークの機能面でのオススメポイントをご紹介していこう!

Point.1 いつでも中断!便利なセーブ機能!!

セーブ機能をイメージした画像です。

レトロフリークでは、ゲーム中どこでも好きな場所で好きな時にセーブがをすることができ、そしてセーブした場面から再開することが可能である。

セーブ機能がないレトロなゲームや、既にバッテリーバックアップの電池が切れているカセット、パスワードが必要なソフトでもレトロフリーク本体にセーブできるので安心してプレイできるのだ。

さらに、勉強で忙しい学生さんにとっても、仕事でなかなか時間の取れないお父さんにとっても、いつでも中断できて同じところから再会ができるクイックセーブは、とても有り難い。

これはかなり嬉しい機能である!

※一言でクイックセーブといっても、その機能はかなり充実しています。詳しい説明はこちらの記事でご紹介いたします。

Point.2 ゲームをインストールしよう!!

インストールをイメージしたレトロフリークにカセットを挿入している画像です。

従来のレトロゲーム機と大きく違う特徴として、レトロフリークでは接続したカートリッジからゲームを本体に取付けたmicroSDにインストールすることが可能ところだ。

それにより、インストール以降はカートリッジを接続しなくてもゲームをプレイすることができるのである。

レトロゲームのカートリッジは20年から25年以上前といったものがほとんどなので、当然ながら劣化も激しく接続端子部分も破損しやすくなっている。

インストール機能は、大切なカートリッジの端子の劣化を防ぐと共に、カートリッジを出し入れする手間もかからなくなり、大事に保管しておけるのだ。

カートリッジ本体を守る役割と、遊びやすさを大幅に向上させるレトロフリーク唯一と言っていい機能である。

※インストール機能を使用するには別途 microSD カードが必要となります。インストールについての方法や注意点などを詳しく説明していますので、ぜひ参考にして下さい。

Point.3 コントローラーをカスタム可能!!

ゲームのコントローラーのイメージ画像です。

レトロフリークでは、プレイするゲームシステムと使用するコントローラーの組み合わせを自由に変更することが出来るようになっている。

各ボタンの割り当ても使用するコントローラーに合わせて一つ一つ変更ができ、連射ボタンの設定や連射速度の変更もできるので、自分好みのプレイスタイルに合わせた設定が可能になるのだ。

例えば、「スーパーファミコンの純正コントローラーが一番使いやすい」という方なら、コントローラー設定によりメガドライブもPCエンジンもスーパーファミコンの純正コントローラーでプレイできるようになる。もしかすると、その事により思わぬ高得点やクリアにつながるかもしれない。

また大勢でプレイする場合、必要な人数分のコントローラーを接続することで多人数プレイにも対応している。最大で5人同時プレイが可能だ。

※こちらの記事では、レトロフリークで使用できるオススメなコントローラーをご紹介しています。シンプルなものから多機能なコントローラーまで可能な限り、幅広くご説明いたします。

記事リンク
■ここが嬉しい!レトロフリークは様々なコントローラーが使用可能!
■レトロフリークのおすすめコントローラー押えてほしい3つのポイント!!

Point.4 HDMI出力で高画質・高音質!!

HDMIの画像です。

レトロフリークでは,HDMI出力による高画質や映像フィルター機能により、レトロゲームをより鮮明に、より遊びやすく楽しめるようになっている。

「ドット絵のレトロゲームをHDMI出力でプレイするのって正直どうなのだろう?」と、心配される方もいるかもしれない。私も本当のところはそう思っていた一人なのだ!

でも実際にプレイしてみると驚きの鮮やかさ!!

従来のレトロゲーム機や、レトロゲーム互換機を高解像度テレビに接続した場合、映像がぼやけて見えるというパターンがよくある話だ。

しかし、レトロフリークは、自動で 720pに高解像度化し出力するので従来機とは比較にならないほどの高品質な映像と音声でプレイすることが出来るのだ。

当時プレイしていたゲームとは、全く別物のかのような新鮮な気持ちでプレイすることができるのである!

※映像フィルターやワイドステレオといった機能は、プレイし慣れたソフトも普段とは一味違う感覚で楽しめる機能です。同じゲームでも新たな発見があるかもしれません。

記事リンク
■懐かしさよりも新鮮! HDMI接続で高品質な映像と音質を楽しもう!!

Point.5 VCやGAにない名作も遊べる!!

版権物のゲームをイメージした画像です。

レトロゲームには、キャラゲーのような「版権」「肖像権」などの理由によりバーチャルコンソール(VC)やゲームアーカイブス(GA)にはダウンロード配信されないソフトも数多く存在しているのが現状である。

つまり、そういったキャラゲーは実機でなければプレイできないのが殆どだ。

しかし、レトロフリークならそんなソフトもカートリッジさえあればとことん遊び尽くせるのだ!!

版権・肖像権ものでなくても、実機でしかプレイ出来ないレアなゲームも結構多い。そういったソフトも楽しめるのは嬉しい限りだ。

※レトロフリークでプレイ出来るキャラゲーや版権・肖像権ものを可能な限りご紹介いたします。思わぬレアなソフトが見つかるかもしれません。ぜひご覧ください。

Point.6 無敵で攻略!コードフリーク!!

秘技コードをイメージした画像です。

レトロフリークでは、対応する全ての機種でコードフリーク機能を使うことができる。

コードフリークとは、ゲーム内の「お金」「レベル」などのパラメーターを最大にしたり、自分のキャラを無敵にしたり、アイテムを変更したりといったことが可能な機能なのだ。

コードフリーク機能には各ゲームごとに「秘技コード」があり、レトロフリーク総合サポートページでは microSD カードに入れるだけで使える約 1000タイトル分の秘技コードを無料配信してくれている。

子供のころにどうしてもクリア出来ずにあきらめたゲームも、コードフリークを使えば攻略できるようになる。

念願のエンディングにきっと辿り着けるはずだ!

※コードフリークの秘技コードは、ゲームソフトによって様々な種類があります。秘技コードの設定方法をご紹介していますので、併せてご確認ください。

Point.7 その他の充実した機能たち!!

レトロフリークのメニュー画面の画像です。

11機種のレトロゲームシステムが一つに統合されたレトロフリークのメニュー画面は、多くの機能を持ちながらも視覚的にとても整理されておりどんな形でも簡単に扱うことが可能になっている。

ゲーム機別のゲームを選択する時も、コードフリークを選択する時も、細かなゲーム設定や自分に合わせた操作設定、また出力設定など・・・。

とても見やすく扱いやすいのが特徴的なのだ。プレイヤーの事をとことん考えた充実した機能が満載しているのである。

※上記の Point.1 ~ 6 以外の充実した機能についてご紹介しています。アップデートや総合サポートに関する記事も併せて一読して頂ければ幸いです。

【まとめ】

レトロフリークは、他の互換機に比べるとかなり高価な商品であるという事は確かである。

しかし値段以上の充実した機能と、こだわり抜いた魅力あふれる商品であるということも私は自信を持ってお伝えできると確信している!

今からレトロゲームをプレイしたいという方、今以上にレトロゲームを楽しみたいという方、サイバーガジェットのレトロフリークを試してみてはいかがでしょうか 。

Pocket